言葉の花園

名言、諺、名台詞、新語、流行語や言葉の使い方などをお知らせしています。

スポンサーリンク

春になるということは 「さあもう一回やってみる時だよ」というお知らせ

あなたには、嫉妬心があります。

 

あなたには、競争心もあります。

 

あなたには、好奇心もあります。

 

だとしたら、

 

あなたには、大いなる可能性があります。

 

そのどれもが、生きるために必要なエネルギーを生むからです。

 

よりよく生きるためにあなたの中にいろいろな心を受け入れてあげましょう。

 

すぐすればすぐ済ます。

 

「誉め言葉」ノートを作りましょう。

 

あの時の私は勇気があった!

 

そんな風に我慢できた私は偉い!

 

今日のコーディネートは最高!

 

こんな「誉め言葉」ノートを見ていると、

 

気持ちにも心にも、大きな自信が付くのです。

 

春になるということは

「さあもう一回やってみる時だよ」というお知らせなのです。

 

人生における唯一の秘策は

 

目の前にあることに集中するだけ。

 

待ち時間とは「待たされる時間」ではなく、

 

「使いながら待つ時間」

 

☆彡心と体のバランスが良くなる秘訣

 

心が緊張すると、おなかが痛くなる、心臓がドキドキする。

これは一つの心と体の共同作業なのではないでしょうか。

 

「緊張しているのは君だけじゃないよ」と体が心に話しかけると

「そうだね、じゃあもうちょっと頑張ってみるよ」と心が答える。

 

 緊張や不安を克服した時は、

心も体も素晴らしい開放感を味わうことができるのです。

 

心と体が両方助け合っているからこそ、人生の様々なシーンをクリアできると私は思っています。

 

 

 

 以上は 中山庸子著 朝一番やる気がふくらむ言葉より

スポンサーリンク  

 

素敵なものは毎日使い、素敵なことを毎日作ろう。幸運を引き寄せる法則

幸運を引き寄せる法則。

 

 

今日という日のドラマは

あなた自身が書いたオリジナル・シナリオで進行していきます。

 

一度に何もかも変えようと力まなくてもいいのです。

 

チャンとよくなっているのだから。

 

幸せな人生には2種類のメガネが必要です。

 

一つは人生の目標を眺めるための遠眼鏡、

 

もう一つは日々の小さな喜びを見落とさないための虫眼鏡。

 

良いものはしまい込まず、毎日使ってどんどんツキを呼び込むのです。

 

☆彡素敵なものは毎日使い、素敵なことを毎日作ろう。

素敵なものを毎日使っていると、自然にステキなこととも、ご縁ができます。

 おなじスクランブルエッグでも、大きなお皿に盛りつけることにすれば、ちょっとイタリアンパセリを散らそうかしらとか、ランチョンマットも出してということになります。

 一日の始まりが、一枚のお皿によってグッと幸せの方に近寄っていく気がしませんか?

 

 

 

 

中山庸子著 朝一番やるきがふくらむ言葉より 一部抜粋

スポンサーリンク  

 

幸運はその日の朝 それを望んだ人の所へ 「ものは試し」とやってくる。

幸運を引き寄せる法則。

Step1

 

幸運はその日の朝

 

それを望んだ人の所へ

 

「ものは試し」とやってくる。

 

自分のシャツと意欲に

 

毎日アイロンをかけましょう。

 

誰だって今日一日ぐらいなら頑張れるでしょう。

 

明日以降のことはその日が今日になったら考えればいいのです。

 

トラブルが起きたときは「試されている時」

 

すべてのトラブルには意味があり、

 

それに気づいた時が「成長の時」

 

 

中山庸子著 「朝一番、やる気がふくらむ言葉」より

スポンサーリンク  

 

人生を変えたいのなら、習慣を変えること。「習慣を制するものが人生を制する」はづき虹映さんに学ぶ

あなたの人生は「習慣」によって作られている。

 

あなたの習慣があなたの人生を支配しています。

 

人生を変えたいのなら、習慣を変えること。

あなたの習慣を変えられるのは「あなただけです」。

 

 心理学的にみると「習慣」とは、「無意識の行動パターン」であり、

 

「長い間繰り返し行ううちに、そうするのが決まりのようになった行動」のこと。

 

つまり、習慣は「必ずそうしなければならない」という「決まり」ではなく、

 

あくまでも自分が無意識に選んでいる行動なので、

 

「意識」すればいくらでも変えられます。

 

習慣を制するものが人生を制する」という言葉は真理です。

 

 成功者のような「習慣」を身につけてしまえば、成功するのは当たり前です。

 

成功者の行動パターンを真似して、成功するのが決まっているかのように行動していれば成功しないでいるほうが難しいといえます。

 

 

 

 

ザ・ミラクル3分で人生が変わる魔法の法則81 DVD付

ザ・ミラクル3分で人生が変わる魔法の法則81 DVD付

 

 ザミラクル 3分で人生が変わる魔法の法則81 はづき虹映著 より

青春とはなんだ!  サミュエル・ウルマンの「青春の詩」に学ぶ

 

今日は幻の詩人とも言われている「サミュエル・ウルマン」が書いた「青春の詩」のご紹介です。

 

「青春の詩」"Youth" は、サミュエル・ウルマン が70代で書いた詩で、詩集 From the Summit of Years, Four Score に収められた作品のひとつです。

 

サミュエル・ウルマンは1840年4月13日、ドイツのヘヒンゲンでユダヤ人両親の長男として誕生。1924年3月21日84歳でこの世を去りました。

 

サミュエル・ウルマンは晩年に数編の詩をつくっています。

 

この「青春の詩」は1922年に家族が発行した詩集「80年の歳月の頂から」の巻頭の詩です。


「青春の詩」の流布にはダグラス・マッカーサーが関わっている。マッカーサーは、1940年ころにジョン・W・ルイスからこの詩を贈られたという。

 

この詩を気に入ったマッカーサーは、マニラで、のちには東京でも、執務室の壁に詩のコピーを額に入れて掛け、また講演でもたびたび引用した。『リーダーズ・ダイジェスト米国版』1945年12月号は、"How to stay young" という記事において、マッカーサーの執務室にかけられているというこの詩を紹介しました。

 

二次大戦終戦後、1945年9月27日に昭和天皇が,日比谷の占領軍総司令部にマッカーサー元帥を訪問した。天皇マッカーサー元帥と並んでツーショット写真を取られた部屋の壁に掛けられていた詩が、この青春の詩(英文)でした。

 

この詩を、ある日、岡田義夫氏説が発見し、感動し、漢詩調に翻訳しました。

 

これが後に松下幸之助氏の目に止まり、あるインタービューでこの「青春の詩」を紹介し、雑誌に掲載され一躍有名になりました。

 

又、ロバート・ケネディーがエドワード・ケネディーへの弔辞にこのウルマンの詩の一節を引用したのも有名な話です。


"Youth is not a time of life; it is a state of mind"(青春とは人生のある期間を指すのでなく、心の持ち方を指すものである)とするこの詩は、若い人たちには戒めとして、シニアの方には「人生の応援歌」として必ずや役立つものと思います。

 

人生において、心が折れそうになった時、生きていくのが辛くなった時、「青春の詩」"Youth" は必ず人生のビタミン剤として最適なものとなるでしよう。

 


サミュエル・ウルマン著  Samuel  Ullman の詩「 Youth 青春」について

青春  岡田 義夫 訳 

 

青春の詩

青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。

 

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

 

年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる、人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる、希望ある限り若く 、失望と共に老い朽ちる。

 

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、この時にこそ人は全く に老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる。

 

  

 

青春とは、心の若さである。 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

青春とは、心の若さである。 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

 

 


要約 「青春とは、心の若さである」 

 

YOUTH

   Youth is not a time of life-it is a state of mind; it is a temper of the will,a quality of imagination, a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love ease.

 

   No body grows only by merely living a number of years; peoples grow old only by deserting their ideals. Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, doubt ,self-distrust, fear and despair-these are the long ,long years that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

 

   Whether seventy or sixteen, there is in every being's heart the love of wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things and thoughts, the undoubted challenge of events, the unfailling childlike appetite for what next, and the joy and the game of life.

 

you are yang as your faith, as old as doubt ;

as young as your self-confidence, as old as your fear;

as young as your hope, as old as your despair.

 

   So long as your heart receives messages of beauty, cheer, courage, grandeur and power from the earth, from man and from the Infinite so long as your young.

  When the wires are all down and all the central place of your heart is covered with the snows of pessimism and the ice of cynicism, then you are grown old indeed and may God have mercy on your soul.

 

 

 

★サミュエル・ウルマン(Samuel Ullman, 1840年4月13日 - 1924年3月21日)は、アメリカの実業家・詩人・人道主義者。彼の名は詩 "Youth"(日本では「青春」あるいは「青春の詩」と訳される)でよく知られている。

 

生涯

1840年、ドイツ・ホーエンツォレルン=ヘヒンゲン公国 (Hohenzollern-Hechingen) のヘヒンゲン(英語版)(現在はバーデン=ヴュルテンベルク州テュービンゲン行政管区ツォレルンアルプ郡に属する町)において、ユダヤ人の両親のもと生まれる。ウルマンの一家は1851年にアメリカに移住し、ミシシッピ州ポートギブソン (Port Gibson, Mississippi) に定住した。

 

1861年南北戦争が勃発すると、ウルマンはアメリカ連合国陸軍(南軍)に兵士として従軍するが翌年に除隊。

1865年にミシシッピ州ナチェズに移り住んだ。

 

ウルマンはここで商売をはじめ、1867年にエマ・メイヤー (Emma Mayer) と結婚した。夫妻の間には8人の子が生まれ、6人が成長した。また、ウルマンは市会議員を務め、また地元の教育委員会の委員となった。

 

1884年、ウルマンの一家アラバマ州バーミングハムに移住。自治体として設立されて間もないこの若い町で、ウルマンは金物の小売店をはじめ、続いて不動産業も兼営した。ナチェズで商業や教育に指導的な役割を果たしたことは知られており、1884年にはバーミングハム市教育委員会の委員に選出、1893年には委員長となった。

 

18年間の教育委員在任中、彼は黒人教育に関心を寄せ、黒人にも白人と同じ教育を行うことが教育的にもプラスになると主張した。このほか、病院の設立など、ウルマンは多くの地域社会活動に携わった。

 

市のユダヤ教改革派のエマヌエル教会において、信徒団の長を務め、1890年にはレイラビ(lay rabbi, 精神指導者[4]、在俗のラビ)になっている。ナチェズやバーミンガムにおける宗教的・教育的・社会的活動は、しばしば議論を招いたものの、敬意を払われる足跡を残した。

 

ウルマンは引退後、多くの時間を趣味(手紙やエッセイや詩の執筆)に注いだ。彼の詩や詩的なエッセイは、愛、自然、信仰、あわただしいライフスタイルの友人、そして「若く」生きることといった、さまざまな題材を扱っている。

 

1920年4月、80歳の誕生日を記念して、それまでに書き溜められた詩を集め From the Summit of Years, Four Score『80年の歳月の頂から』が家族の手によって自費出版される(出版年については1922年とも)。1924年アラバマ州バーミングハムにおいて死去。

スポンサーリンク  

「許す」ということについて 先人に学ぶ

教皇ヨハネ・パウロⅡ世が「人を許す時許した人は自由になり、解放されます。人を許すとき、その人は未来を創造的に切り開いてゆくことができます。」と言っていますが、他人を許さないとき、その人は不自由になります。

 

 その理由を教皇は続けて次のように言っています。

 

「人を許さない人は他人の支配下にある人なのです」これは面白い言葉です。

「許さない」と言う人が上位に立っているかと思うと実はそうではなくて、そのこだわりに縛られ、許していない相手の支配下にあるということ。自分が自分の主人でないということなのです。


自分の生活を大切にするためには、自らの感情を自分でスッパリ「断ち切る」事が時には必要です。

 

「もうこれ以上このことで悩むまい」と。

 

しかし人間のこと断ち切ったつもりでも、なかなか忘れられず許せないこともあります。そんな時、「時間」が一番いい薬なのかもしれません。

 

 人を許した時、許した人は自由になる。

 

理不尽な相手は、無視するのではなく、距離を置いてみよう。

 

 許すための工夫も必要です。

例えば許せない行為に出会った時、もし自分が相手の立場に置かれていたら、もっとひどいことをしたかもしれないと想像すると、何となくいきり立っていた自分がおかしくなって、相手を容認しやすくなります。

 

またキリストでさえ、ひどい仕打ちを受けたのだから、私のようなものが受けるのは当たり前だと考えることもできねし、苦労して、初めて人間は成長するのだ、有難い、と考えることもできましょう。

 

いずれにしても「疲れてはならない」のです。

 

 しかし疲れます。特に、自分がこんなに、苦労して、私と人の間を美しく見ようとしているのに、その相手が少しも努力をしてないようなとき。

そんな時、私は「疲れてはダメ」と自分に向かって呟くのです。

 

幸せはあなたの心が決める

幸せはあなたの心が決める

 

 (幸せはあなたの心が決める 渡辺和子著より)


※人は祈ることによって、癒しを得て、赦すことを覚えていくことができ、そして、人生を理解することができるのです。

 人生には様々なことが起こり、心が折れそうになる時もありますが祈ることで気持ちがすっきりし、また、人の為に祈ることで私たちは自らを救うことになるのではないかと思います。

 

 

私らしい人生のしまい方

私らしい人生のしまい方

 

 私らしい人生のしまい方 大前伶子著より一部抜粋


「許す」ということは私には理解できません。なぜなら何でもかんでも許してしまっては社会の秩序は保たれません。

犯罪が行われても許すのでしょうか。許されないから法律で罰するのです。


原爆禁止運動はどうでしょうか。相手を許さないから「原爆反対」と訴えているのではないでしょうか。

「あっしにはかかわりないことでござんす」(木枯し紋次郎)ということで

自分に関係のないこと、火の粉が降りかからなければ許してもいいです。

 

「赦しは、憎しみの悪循環を断つ力である」。とも言いますがしかし降りかかる火の粉は払わなければなりません。


許せないことに遭遇すれば倍返しをするという生活信条を持っている方もいると思います。

「目には目を歯には歯を」という考えは当たらずとも遠からずです。

それを罪を犯しても「許す」という考え方には納得いきません。

百歩譲っても「水に流す」ぐらいですかね。

どうしたら「許す」という心境になるのか私にとってはいまだに謎の発想です。

 

そんな時、斎藤一人さんの本を読む機会がありました。


そこで「許せない自分を許す」という言葉に目からうろこです。

 斎藤一人さんは「許せない人を許しなさい。それができないならば許せない自分を許しなさい」。

「そのままの自分を許します」と声に出していってみてください。心が緩んで人のことも許せるようになります。


と説いています。

 

 

お金とご縁がなだれ込む! すごい「引き寄せの法則」

お金とご縁がなだれ込む! すごい「引き寄せの法則」

 

 

「すごい引き寄せの法則」その他著書多数。

 

☆彡お勧めビデオ 


斎藤一人 自分を許すと世界が変わる #128

 

 

「自分はこういうだらしのない人間、許せないのよ」そういう自分を許してあげるということなんです。


自分が許せないだけじゃなく、あの人も許せない、この人も許せない、自分の親も許せない。

「人は完全ではない」


許せない状態だと交感神経が発達し、体が硬直する。


肩が身体がバリバリな人は、自分か他人を許せない。


許すといういう意味は、ゆるめるという意味。


ゆるめると、副交感神経が発達して、免疫力が強くなって身体の悪い病原菌やっつけたり、健康なったりする。


なかなか病気が治らない人ってね、何かが許せない。


まず自分を許す訓練すること。


「自分も許せないし人も許せないんです」つったら、そういう自分を許すの。


「許そうと思っても、まだ許せないんです」ったら、そういう自分を許すの。


で、どこまで行っても自分を許すしかないの。


そうすると、人も許せるようになる。ただこれだけの事で、許せば、緩むの。

 

斎藤一人 自分を許すと世界が変わる #128より 一部抜粋

スポンサーリンク  

 

美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。美しい瞳である為には、他人の美点を探しなさい。

 オードリー・ヘップバーンの名言のご紹介です。

 

美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。


For beautiful lips, speak only words of kindness.


美しい瞳である為には、他人の美点を探しなさい。


For beautiful eyes, look for the good in others.

 


オードリーヘップバーン 美しい名言集


この言葉はオードリー・ヘップバーンの名言として良く知られています。

 

オードリー・ヘプバーンが亡くなる年の最後のクリスマス・イヴに、2人の息子、ショーンとルカにこの詩を読み聞かせたと言われています。

 

出典はサム・レヴィンソンというアメリカの詩人が孫娘にあてた手紙だそうです。


オードリー・ヘップバーンが意訳、抜粋したものだろうと思われます。


私流に解釈すると、

美しくあるためには

オードリー・ヘップバーンはきっと「ありがとう」「幸せ」「楽しい」「嬉しい」等といった「プラスでポジティブ」な言葉を使いなさいと言っているのでしょう。

逆に、人の悪口を言ったり、four-letter wordを使わないようにすることが大切と言っているようです。


Birds of a feather flock together.(同じ羽毛の鳥は群がる)
「類は友を呼ぶ」「朱に交われば赤くなる」といわれているように
普段から美しい環境にいることが美しくなる第一歩であることを教えています。

 

更に人の欠点を探すより、長所を見つけてあげて褒めてあげなさいと言っています。
自分が美しくなることで他人をも美しくすることを示唆しています。

 


※四文字語=four-letter word
四文字語とは卑猥ひわいな言葉,汚い言葉:通例,4字から成る英単語で,排泄や性などに関係がある;fuck,cunt,piss,shit,damn などの語を指す。.
英語では、4文字の単語が多い(shit,cunt,fuck,suck,など)ことから、俗にfour-letter word(四文字語)と呼ばれる。


米国では実際にはよく使われている。
 映画「風と共に去りぬ」の中で、クラーク・ゲイブル扮するレット・バトラーが
ヴィヴィアン・リー扮するスカーレット・オハラに言ったセリフ
Frankly my dear, I don’t give a damn.
正直言って、俺の知ったこっちゃない。
は米国では人気ナンバーワンである。

 


※『時の試練を経た人生の知恵』 日本語訳

 

魅力的な唇のためには、優しい言葉を紡ぐこと

愛らしい瞳のためには、人々の素晴らしさを見つけること

スリムな体のためには、飢えた人々と食べ物を分かち合うこと

豊かな髪のためには、一日に一度、子供の指で梳いてもらうこと

美しい身のこなしのためには、決して一人で歩むことがないと知ること

人は物よりはるかに多く回復し、復活し、生きかえり、

再生し、報われることが必要なのです

繰り返し、繰り返し、報われることが

決して何人たりとも見捨ててはなりません

人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手の先に

助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい

年をとると、人は自分にふたつの手があることに気がつきます

ひとつの手は、自分自身を助けるために

もうひとつの手は他者を助けるために

女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく

その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません

女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです

そこは心の入り口であり、愛情の宿る場所でもあるからです

女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく

その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです

それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり

その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです

サム・レヴィンソン

 


原文


"Time Tested Beauty Tips"


For attractive lips, speak words of kindness.

For lovely eyes, seek out the good in people.

For a slim figure, share your food with the hungry.

For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.

For poise, walk with the knowledge you'll never walk alone ...

People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,

reclaimed and redeemed and redeemed ...

Never throw out anybody.

Remember, if you ever need a helping hand,

you'll find one at the end of your arm.

As you grow older you will discover that you have two hands.

One for helping yourself, the other for helping others.

The beauty of a woman is not in the clothes she wears,

the figure that she carries, or the way she combs her hair.

The beauty of a woman must be seen from in her eyes,

because that is the doorway to her heart,

the place where love resides.

The beauty of a woman is not in a facial mole,

but true beauty in a woman is reflected in her soul.

It is the caring that she lovingly gives, the passion that she shows,

and the beauty of a woman with passing years only grows!

Sam Leveson

 

オードリー・ヘプバーン(英: Audrey Hepburn、1929年5月4日 - 1993年1月20日)は、イギリス人で、アメリカ合衆国の女優。日本ではヘップバーンと表記されることも多い。

 

ハリウッド黄金時代に活躍した女優で、映画界ならびにファッション界のアイコンとして知られる。アメリカン・フィルム・インスティチュート (AFI) の「最も偉大な女優50選」では第3位にランクインしており、インターナショナル・ベスト・ドレッサーにも殿堂入りしている。

 


想い出のオードリー・ヘップバーン


ヘプバーンはブリュッセルのイクセルで生まれ、幼少期をベルギー、イングランドで過ごした。オランダにも在住した経験があり、第二次世界大戦中にはナチス・ドイツが占領していたオランダのアーネムに住んでいたこともあった。


各種資料の一部に本名を「エッダ・ファン・ヘームストラ」とするものがある。これは、戦時中にナチス・ドイツ占領下にあったオランダで、「オードリー」という名があまりにイギリス風であることを心配した母エラが、自らの名前をもじって(EllaをEddaとした)一時的に変えたものである。


5歳ごろからバレエを初め、アムステルダムではソニア・ガスケル (en:Sonia Gaskell) のもとでバレエを習い、1948年にはマリー・ランバートにバレエを学ぶためにロンドンへと渡って、ウエスト・エンドで舞台に立った経験がある。


イギリスで数本の映画に出演した後に、1951年のブロードウェイ舞台作品『ジジ』(en:Gigi (1951 play)) で主役を演じ、1953年には『ローマの休日』でアカデミー主演女優賞を獲得した。

その後も『麗しのサブリナ』(1954年)、『尼僧物語』(1959年)、『ティファニーで朝食を』(1961年)、『シャレード』(1963年)、『マイ・フェア・レディ』(1964年)、『暗くなるまで待って』(1967年)などの人気作、話題作に出演している。


女優としてのヘプバーンは、映画作品ではアカデミー賞のほかに、ゴールデングローブ賞英国アカデミー賞を受賞し、舞台作品では1954年のブロードウェイ舞台作品である『オンディーヌ』(en:Ondine (play)) でトニー賞を受賞している。さらにヘプバーンは死後にグラミー賞エミー賞も受賞しており、アカデミー賞エミー賞グラミー賞トニー賞の受賞経験を持つ数少ない人物の一人となっている。


ヘプバーンの女優業は年齢と共に減っていき、後半生のほとんどを国際連合児童基金ユニセフ)での仕事に捧げた。ヘプバーンがユニセフへの貢献を始めたのは1954年からで、1988年から1992年にはアフリカ、南米、アジアの恵まれない人々への援助活動に献身している。1992年終わりには、ユニセフ親善大使としての活動に対してアメリカ合衆国における文民への最高勲章である大統領自由勲章を授与された。この大統領自由勲章受勲一カ月後の1993年に、ヘプバーンはスイスの自宅で虫垂癌のために63歳で死去した。

 

◆受賞

アカデミー賞

主演女優賞

1953年『ローマの休日

ジーン・ハーショルト友愛賞

1992年『Outstanding Contributions to Humanitarian Causes』

英国アカデミー賞

主演英国女優賞

1953年『ローマの休日

1959年『尼僧物語』

 

1964年『シャレード

エミー賞

情報番組個人業績賞


オードリー・ヘプバーンの庭園紀行 紹介ムービー

1993年『オードリー・ヘプバーンの庭園紀行』

グラミー賞

最優秀子供向けスポークン・ワード・アルバム賞

1994年『オードリー・ヘプバーン 魅惑の物語』

ゴールデングローブ賞

主演女優賞 (ドラマ部門)

1953年『ローマの休日

1990年 セシル・B・デミル賞

トニー賞

最優秀演劇女優賞

1954年『オンディーヌ』

1968年 特別賞

その他の賞

備考

AFI(米国映画協会)の「最も偉大な女優50選」では第3位。

同協会の2002年選出で「最も愛すべきラブストーリー・映画ベスト100本」にも、第4位『ローマの休日』、第12位『マイ・フェア・レディ』、第54位『麗しのサブリナ』、第57位『いつも2人で』、第61位『ティファニーで朝食を』。


オードリー・ヘップバーン名言集(日、英)

 


【女性の品格】 オードリー・ヘップバーンの人生観が変わる言葉・名言集

私を笑わせてくれる人を私は大事にします。正直なところ、私は笑うことが何よりも好きなんだと思う。悩ましいことが沢山あっても笑うことで救われる。

それって、人間にとって一番大事なことじゃないかしら

I love people who make me laugh. I honestly think it’s the thing I like most, to laugh. It cures a multitude of ills.

It’s probably the most important thing in a person.


成功は誕生日みたいなもの。

待ちに待った誕生日がきても、自分はなにも変わらないでしょ

Success is like reaching an important birthday and finding you’re exactly the same.


スリムな体のためには、飢えた人々と食べ物を分かち合うこと。

豊かな髪のためには、一日に一度、子供の指で梳いてもらうこと

For a slim figure, share your food with the hungry.

For beautiful hair, let a child run his or her fingers through it once a day.


美しい身のこなしのためには、ひとりで歩むことは決してないと知ること

For poise, walk with the knowledge that you never walk alone.


人は物よりはるかに多く回復し、復活し、生きかえり、 再生し、報われることが必要なのです。くり返し、くり返し、報われることが。

決して何人たりとも見捨ててはなりません

People, even more than things, have to be restored, renewed, revived, reclaimed and redeemed; never throw out anyone.


助けてくれる手が必要なとき、自分の腕の先にその手があることを思い出して

Remember, if you ever need a helping hand, you’ll find one at the end of each of your arms.


年をとると、人は自分に二つの手があることに気づきます。

ひとつは自分を助ける手。そして、もうひとつは他人を助ける手

As you grow older you will discover that you have two hands; one for helping yourself, the other for helping others.

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク